製品・工法

護岸、擁壁

フーチングレスパネル(杭基礎式自立擁壁)

擁壁問題を解決する画期的工法発見!フーチングレス・パネル工法

特徴

底版を持たない自立式擁壁工法。
施工現場を選ばず、しかも経済的。

特徴1 地盤のあまり良くない現場では経済的です。

L型擁壁では、地盤支持力が不足している場合、基礎杭打ち込み等の地盤改良をしなければいけません。本工法は、柱状地盤改良体に鋼管杭を立て込み擁壁化するため、N値3程度の地盤であれば施工が可能です。

施工前
施工後

愛知県半田市

従来のL型擁壁工法では、大型重機が入る事のできない狭い現場や、既存の構造物が邪魔になる現場では施工ができない、などの問題がありました。そこで登場したのが、自立式擁壁(フーチングレス・パネル=FP)工法です。
底版(フーチング)を持たないため施工時の自由度が高く、掘削幅の取れない現場にも有効です。

特徴2 掘削幅の取れない現場で有効です。

L型擁壁にはフーチング(底版)があり、既設構造物等の障害物があると施工ができませんでした。また将来、下水管等を埋設する場合、フーチングが邪魔になってしまう場合もありました。フーチングレス・パネル工法なら、道路下占有空間が確保できます。

施工前
施工後

愛知県大府市

壁高=4500での施工例


愛知県豊田市

歩道拡幅での施工例


愛知県豊田市

特徴3 狭い現場で施工が可能です。

パネルが軽量なので、今まで大型重機が入れなくて施工できなかった現場に最適です。

プレキャストガードレール基礎併用例


岐阜県多治見市

軟弱地盤での施工例


三重県明和町

施工機械例

簡略化された作業手順

柱状地盤改良体に鋼管杭を立て込み、地上部に突出した鋼管部にコンクリートパネルをセットして自立式擁壁を構築するものです。
設計条件として、一般的なL型擁壁と同様に上載荷重10KNを想定し、土の単位体積質量や内部摩擦角度に応じて安定計算をいたします。
軟弱地盤や、埋設物に支障を与える事のできない切り土の現場には最適です。


1. 床付・杭芯位置出


2. 柱状地盤改良体築造


3. 鋼管建込


4. 均しコンクリート


5. パネル設置


6. 中詰コンクリート

寸法図

Ⅰ形

Ⅰ型 標準500には、水抜き孔はありません

Ⅱ形

呼び 寸法(mm) 参考質量(kg)
I型 標準500 499×595×1999 447
I型 標準750 749×595×1999 670
1型 標準1000 999×595×1999 893
I型 天端1000 999/500×595×1999 716
I型 天端1250 1249/750×595×1999 845
II型 標準1000 999×755×1999 1098

意匠は全てアスペクトン®(割石模様)となっております。

標準施工図

設計条件 設計N値 3以上
※改良体長及び鋼管は壁高、土質条件等により変わります。

施工例

鉄道沿線での施工例


名古屋市緑区

国道での施工例「258号」


三重県桑名市

国道での施工例「41号」


愛知県大口町

水路壁での施工例


静岡県袋井市

設計上の注意事項

  • 工事着手前に地質調査を実施し、土質・N値・地下埋設物の有無を確認してください。
  • パネル上部にネットフェンス・転落防止柵を取り付ける事ができます。
    ガードレールを取り付ける場合はプレキャストガードレール基礎が用意されています。
  • 壁高の上限は5.0m程度です。
  • 自立式擁壁の特性により、境界際の設置にあたっては、適切な控えを必要とします。