会社情報

HOME > 会社情報 > スタッフの声 > 詳細

スタッフの声

土田さん、田口さん

現在のお仕事内容を教えてください。

仕事風景

土田:
一般製品に加えて、下水道用製品( 小口径マンホール スレンダハイブリッドホール )の販売、組立図作成、加工、出荷管理、施工説明までの一括業務を担当しています。
田口:
主にSD側溝、SD横断側溝、エコノリッドの製造を担当しています。

どんなところにやりがいを感じますか。

仕事風景

土田:
現在、スレンダハイブリッドホールを担当して3年になりますが、新たな地域で採用していただき、無事に施工完了が確認できたときには、達成感を感じます。
またそれにも増して、商品の良さをご理解いただいて、次年度の継続採用がきまった時は、何よりもやりがいを感じます。
田口:
やはり、満足のいく仕上がりで、製品が美しく出来あがったときですね。
また、自分の手がけた製品が出荷され、街なかで見かけた時は、周りの人間にちょっと自慢しています。
それから、複雑な形状をした特注品の納品や、工程の組み替えで、お客様の希望される納期に間に合い、営業部から「ありがとう」の言葉をもらうと、「頑張ったかいがあったなあ」と感じます。

逆に仕事上で難しいと感じることは。

土田:
下水道用製品は、製品単体の品質管理となりますが、現場での適正施工があって初めて機能を発揮する製品です。
その為にも各ジョイント部分の状態確認と、組立付属部品の数量チェックは特に重要で、最も神経を使っています。
田口:
以前コンクリート二次製品を施工する仕事をしていましたので、使用者の立場になって他社に負けない製品を作るよう心掛けていますが、生コンは材料や天候により状態が微妙に変化しますので、バイブレーターの微調整と型枠形状に合わせた打設方法に注意しています。
また、バランスの取りにくい大型製品を、型枠から取り出す時は特に神経を使っています。

最後に今後の目標などあればお聞かせください。

仕事風景

土田:
これまで積み上げてきたノーミスを継続しつつ、これからも丁寧な仕事を心がけ、より良い製品を提供して社会に貢献したいと思っています。
田口:
"目標は製造時のバラツキを抑えムラ無く仕上げること。"
中津川工場の中では最も若く、製造経験も浅いため、早く先輩達に追いつけるよう成りたいと思っています。